topmenu_top topmenu_gairai topmenu_nyuin topmenu_link topmenu_hp topmenu_saiyou

main_title_nyuin

研究情報の公開(オプトアウト)

 

 通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施をします。 臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用い研究や、余った検体のみを用いるような研究については、 国が定めた指針に基づき対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありませんが、 研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。

 

 このような手法を「オプトアウト」と言います。「オプトアウトを用いた臨床研究」は下記の通りです。研究の内容や 試料の利用方法については、福祉村病院倫理委員会で十分審議され、承認された範囲内で使用させていただきます。個人情報の取扱は 厳密に行われ、個人が特定されることはありません。

 

 

 研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。 なお、研究への協力を希望されない場合は、いつでも拒否ができ、そのために診療上で不利益を被ることはありません。

 

 

福祉村病院(関連施設含む)へ入院(入居)・受診された患者様ならびにご家族様

該当情報なし

 

 

福祉村ブレインバンクに検体を寄付された方のご家族様

ヒト死後固定脳および凍結脳のオートラジオグラフィーならびに組織化学的 ・生化学的手法を用いた、神経変性型認知症の分子メカニズムを明らかにするための分子マーカーの開発と評価
鼻粘膜を用いたアルツハイマー病の診断法開発のための基礎研究