topmenu_top topmenu_gairai topmenu_nyuin topmenu_link topmenu_hp topmenu_saiyou

main_title_nyuin

私たちはみんなの力でみんなの幸せを願い、喜びと感謝に満たされた病院をつくります。

 

 

 

一.私たちは、入院患者さん一人ひとりの喜びと幸せのために、力を合わせて尽くします。 

一.私たちは、患者さん一人ひとりが内に秘めている力を最大限に発揮できるようにあらゆるお手伝いをします。 

一.私たちは、知恵を出し合って、患者さん一人ひとりに安心していただける医療と看護と介護に尽くします。

一.私たちは、 みんなが支え支え合う、お互いにありがとうといえる地域社会つくりのお手伝いをします。 

一.私たちは、明るく朗らかに、喜びと感謝にみたされた福祉村病院つくりにはげみます。

 

私たちは、心を一つにして、以上のことを守っていきます。

 

 

 医療法人さわらび会 福祉村病院における「患者の権利に関する宣言」

 

  当院は、「みんなの力でみんなの幸せ」を理念に、全ての患者様に対して、良質で安全な医療を平等に提供させていただくよう心がけております。

  いつでも患者様が医療の主体である為に、このたび「患者の権利に関する宣言」を制定し明文化いたしました。

  今後さらに、患者様と当院職員との間に、より深い信頼関係が構築できるよう職員一同、努力してまいります。                               

医療法人さわらび会福祉村病院  理事長 山本 孝之

病院長 小橋 修 

倫理委員会    

 

1.良質の医療を平等に受ける権利

 患者さんは、何事も差別されることなく、最善の医療を平等に受ける権利があります。

2.選択の自由の権利

 患者さんは、病院や医師を自由に選択し、また、他の医師の意見を求めたい場合(セカンドオピニオン)は、他の医療機関へ紹介を受ける権利があります。

3.情報を知る権利

 患者さんは、検査結果・診断・治療方法・今後の見通しなどについてわかりやすい言葉やそれらが行われた場合あるいは行われなかった場合どのようになるのか、主治医(担当医)や看護師より十分な説明を受ける権利があります。

4.プライバシーが守られる権利

 診療の過程で得られる個人情報の秘密が守られます。患者さん本人の承諾なくして第3者に開示されない権利を有します。

5.尊厳を保つ権利 

 患者さんは、一人の人間として、医療現場においてもその生命・身体・人格が尊重される権利を有します。
患者さんは、人間的な末期医療(ターミナル)を受ける権利を有し、出来る限り尊厳と安寧を保ちつつ最期を迎えるために、あらゆる可能な支援を受ける権利を有します。

6.マナーや規則を守る責務

 病院内での規則やマナーを守り、他の患者さんの療養環境に支障をきたさないようにする責務があります。

7.自身の情報提供の責務

 患者さんは、適切な医療を受けるために、医師をはじめとする医療提供者に対して、自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。